So-net無料ブログ作成
検索選択

いつもと違う週末 [ふたり暮らし]

朝目が覚めてハッとした。
さーちゃんが居ない。

すぐ、昨日からお姉さん一家と一緒に旅行中だった事に気付いた。
寝起きで忘れていただけで、本当に驚いた。

いつもの喫茶店に行くと、さーちゃんは後で来るのかと聞かれた。
白山に登りに行っている、自分はまだ体調が不安だから行かなかった、と説明。
モーニングを1人前頼むと、トーストの耳が切り落とされて出てきた。
さーちゃんがいつもそうやって頼むからだ。

「今日は一人でどうするの」
「何も無いから、これから考えます」

本当の事だ。

* * *

少し迷ったが、自宅療養中に通っていたスポーツジムに行くことにした。
エアロバイク30分。けっこう疲れる。
マットの上でストレッチをする。仕事に戻って、体中固くなっているのがよくわかった。

以前と同じようにウェイトマシーンで、下半身だけエクササイズする。
視界に入る自分の太ももが、記憶の中のより随分細い。
さーちゃんが「また筋肉付けないとね」と言っていたわけだ。

いよいよ上半身のウェイトトレーニングをやってみる。
手術で骨折状態になった胸骨の状態がまだよくわからないが、久々にバストバンドを巻いて、一番軽いウェイトでやってみる。
割といける。
と思っていたらたまに痛みが走る。
できるだけ胸が動かないよう、肩や腕が中心となって動くよう、慎重にやる。
ウェイトトレーニングにはなっていないが、いいリハビリではないかと思った。

喫茶店に戻って昼食。日替わりはカツとじ定食。味噌汁は、塩分制限があるから薄めて出してくれた。
食後にコーヒーを飲む。いつも通り美味しいのだが、ひとりで飲んでいると何か違う。
いつもは時間もコーヒーもすぐなくなるのに、今日はどちらも重い。

家に帰って細々としたことをする。
夕方、自炊する気もないので最寄りのスーパーで夕食を買った。
家に帰ると、着く直前くらいにさーちゃんから着信があった。
すぐかけ直す。無事白山の上にいるとの事。
携帯のアンテナは1本しか立っていないらしいが声はよく聞こえた。
しばらく話す。無事着いていて本当に良かった。

落ち着いたので夕食を食べて、お風呂にお湯を張り、久々にゆっくり浸かる。
その間に洗濯機も回す。
家事をひとりでしていると、なぜか作業をしているような気になる。
いつもは週末が短くてかなわないが、今週末は早く過ぎてほしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0