So-net無料ブログ作成

金剛山に雪が少し [山歩き]

DSCF6886.jpg

いよいよ冬ですが、いつもとほとんど変わらない格好で金剛山へ。

DSCF6891.jpg

この日、山頂付近の気温は3度。

DSCF6887.jpg

この日は日は早めに出発したので、山頂売店のうどんにありつけました。
だいたい2時半くらいには売り切れ、間に合わなかった我々はおでんを注文、というのがここ最近パターン化していました。

DSCF6892.jpg

この日はさらに登って、葛城神社にお参りしました。

DSCF6885.jpg

ところで、山頂付近には雪がちらほらと。

DSCF6898.jpg

山頂付近のコンクリの坂道にも、ロープが張られていました。
いよいよ冬に突入、アイゼンを出す日も近そうです。

マイナンバーいきなり記載誤り [日記・雑感]

151127_2154~01.jpg

家に帰ると、妻さーちゃんから「マイナンバー届いた」とのお知らせがありました。
そして、「名前間違えられてる」という報告も。
見てみると、さーちゃんの下の名前の、ひらがな表記が間違っています。
誤字脱字とかではなく、漢字を読み間違ったもよう。

結婚して以来、さーちゃん宛の宅配便を届けに来た人が、「◯◯◯さんのお宅でよろしかったでしょうか」と間違って読み、筆者が「ああ、◎◎◎ですね」と返し、相手が「あ、失礼しました」というやり取りを何度もしてきていますが、それとは比べ物になりません。
宅配便の場合、送り状に漢字の名前しか書いていないから、読み間違っても仕方ないのですが、マイナンバーの場合、公的な書類を元に作成するのではないでしょうか。そこには当然、読み仮名も記載されているはずです。それにもかかわらず間違うということは、(例えばですが)漢字の氏名は間違いが無いようコピー&ペーストするけれど、ひらがな表記は入力する人が思った通りに手入力して良い、そういう環境だからではないでしょうか。だとするとあまりにもお粗末です。

間違いがある場合、平日営業時間内に電話で連絡する必要があるのですが、同じような事が日本全国で起きているかもしれず、そうだとするとマイナンバーを配布する側も、配布された側も、多大な時間と労力を無駄にします。

改めて、「マイナンバー大丈夫か?」と思いました。

ようやく回復 [日記・雑感]

前回の金剛山(11/14、さっきUPしました)の後約一週間、ふたりとも体調を崩していて、やっと回復してきました。
三連休はほぼ家でゴロゴロして、最後の一日に映画『エベレスト 3D』を観に行きました。
余談ですが私、3D映画は初めてでした。
子供の時の赤緑のセロファングラスと比べるのはダメなんでしょうけど、今の3Dはいいですね〜。



1996年の大量遭難事件を元にした映画で、ほぼ実話です。
「ほぼ」と言うのは、事実と多少の違いがあるからです。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが。

さーちゃんがジョン・クラカワー著『空へーエヴェレストの悲劇はなぜ起きたか』を持っているので、どのような事件になるかは事前に知っていましたが、映像があるとまた違いますね。
初めて本を読んだ時は、自分の限られた経験の中で一番雪深かったカナダの山と、一番酸素が薄かったペルーの高地を足したイメージで考えていたのですが、全然比べ物にならないです(たとえ、映画の中で登山者たちが苦しんでいるのは演技だとしても)

今、これを書いている後ろで、さーちゃんは本を読み返しています。
それが終わったら私がまた読みます。
生命に危険があるような山には登らない我々ですが、ほんのちょっとした事が死に直結するような山に挑む人々の気持ちも、わからなくはないのです。


空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか

空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか

  • 作者: ジョン クラカワー
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1997/10
  • メディア: 単行本



再び、雨の金剛山 [山歩き]

DSCF6906.jpg

またもや、雨の金剛山。

DSCF6918.jpg

傘をさして登り、無事山頂に着きました。

DSCF6926.jpg

さーちゃんが持ってきた一式で、温かいものを。

DSCF6927.jpg

卵ケースから卵を出してラーメンに入れ、温かく美味しいおやつとなりました。

DSCF6937.jpg

帰りに水を汲んで意気揚々としていましたが、この後ふたり揃って体調を崩してしまいました。
今後は雨の日は気をつけます。


ひとり金剛山(一部) [山歩き]

文化の日に続き、土曜も金剛山へ。

いつもと違うのは、筆者がトイレに行きたくなったため水汲み場から引き返し、さーちゃんが一人で先行したこと。
かなり遅れて後を追ったのですが、行けども行けども妻の背中は見えず。
これがまた、苦しいの一言。

DSCF6898.jpg

結局、8合目くらいでやっと追いつき、山頂にはふたりで到着しました。
登山スタンプをもらい、売店でおでんを食べ、ああ、ふたりっていいなあと実感しました。

DSCF6900.jpg

そしてようやく、楽しい登山…もとい下山スタート。

DSCF6902.jpg

秋もだんだんと深まってきました。

DSCF6903.jpg

ひとりの時はどうなるかと思いましたが、行って良かったです[ムード]

秋の金剛山 [山歩き]

DSCF6892.jpg

文化の日の祝日は、当然金剛山へ。
前回は夜だったので紅葉も見えませんでしたが、今日はちらほらと。

DSCF6894.jpg

この日は売店が開いている時間(午後4時まで)に山頂に到着し、おでんを食べました。
実はうどんが食べたかったのですが、売り切れとの事。やっぱりみんなうどん食べたいですよね。
もちろん、おでんも美味しかったですよ。

DSCF6897.jpg

ここ2週間で3回目の金剛山で、体がいい感じになっています。
帰りも足取りが軽く、すぐ駐車場に着きました。
帰途に着く前に、「まつまさ」でコーヒーとプリンを食べる我々。
ふたり水入らずで、優雅な休日を過ごしました[ムード]