So-net無料ブログ作成

2017年夏休み 8日目:スイミングプール [健康]

友人の勧めで、午前中はスイミングプールへ。
泳ぎは元々苦手なので、目的は水中ウォーキングです。
普段泳がないので道具を持っていないのですが、水着も帽子もレンタルOK、助かります。

心配というか、気になるのは自分の手術跡ですね。
胸の中央に縦20cmくらいの跡があります。
もう9ヶ月にもなり、下の端あたりは肌色になってきているのですが、まだほとんど全部、赤いです。
見慣れてないと驚かれるかもしれません。

友人はアフリカ系のアメリカ人なのですが、いわく、「泳ぎに行くと最初はみんな見るけど、そのうちみんな慣れるよ」との事。自分が慣れる、ではなく他者が慣れると言うあたり、さすがです。
しかしまあ、打ち合わせをして2つばかり対策を考えました。

パターン1
「それ、大丈夫ですか」とプールのスタッフに言われる
→「タトゥーじゃないですよ」と答える

パターン2
「それ、どうしたの?」と子供さんなどに聞かれる
→「エイリアンの幼生体が出てきた跡だよ」と答える

残念ながら、誰にも何も聞かれませんでした。
そもそも水中だと見えないし、プールサイドを移動中に見る人も、すぐ目をそらしていました。
正直、手術跡なんかまじまじ見ても面白くないでしょうね。
「チェストバスター」が出てくる訳でもありませんし(←しつこい)

小一時間ほど水中を歩き、いい感じで疲れました。
これ、もう少し早く始めておけば良かったですね。
さーちゃんはもう出勤なのですが、今度はふたりで来たいものです。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年夏休み 7日目:またスポーツジム [健康]

夏休み7日目!
さーちゃんがもう出勤再開したので、あまり嬉しくはありませんが。
とりあえず一人の時にできる最良のことは、スポーツジムでリハビリ兼トレーニングをすることです。

今日は下半身を中心に。
上半身は、まだ重いウェイトを上げられませんが、胸が痛むことももう無いようです。
じわじわ重さを上げられればなと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年夏休み 1日目:スポーツジム [健康]

長い夏休みが始まりました。
さーちゃんはまだ出勤なので、朝からスポーツジムへ。

1月、退院後にリハビリのため通っていたところです。
当時はチェストバンドを巻いて通っていましたが、今回はいよいよバンド無しです。

やった事としては、
エアロバイク15分、
クロスウォーカー15分、
ウェイトトレーニング全種類、それぞれ30回を2セット。

上半身のウェイトは10kg程度にし、様子を見ましたが、胸骨が痛むことはありませんでした。
下半身は30〜40kgの間で、これはもう本調子と言っていいかも。

血圧は上90台の後半、下60台の後半、前と同じです。
脈拍は80程度で、10程下がっていました。発症・手術前の状態にだんだん近づいている感がします。
体重は2kg増えて62kg、理想体重まであと4kgに迫りました。
目指せ上半身の筋肉+4kg、ですね。帰りにファミリーマートでプロテイン買って飲みました。
nice!(0)  コメント(0) 

眼科受診(視神経乳頭異状) [健康]

実は定期健診の結果で、「視神経乳頭異状」と3年連続で言われています。
要経過観察、1年後に眼科受診と言われているのですが、これまで行ってませんでした。

今日、会社を休んで眼科に行ったのは、実は母親が片目を失明したためです。
心配をかけないようにしたのか、処置が終わった後で初めて話を聞きました。

心臓の手術を受けた病院では「40歳を過ぎると色々な病気になりやすくなる」というような事も言われており、すでに心臓の悪い私としては、これ以上不自由になりたくありません。
心臓の時と同じで、早期発見・処置を目指します。

母が紹介された眼科の病院が、たまたま行きやすい所にあったので、私も行きました。
初診・紹介状無しだからか結構待ちましたが、検査はすごく詳細にしてもらえました。
レンズを次々と入れ替えて「矯正視力」を測定してもらえたのが良かったですね。というのも、私、いつの間にやら眼鏡が必要なくらい近眼になっているそうなので。そろそろ眼鏡を作っておかないと、いざという時に運転ができない可能性があります。

それはそうとして、肝心の検査ですが、目の奥にあるらしい「視神経乳頭」が、正常な人と形が違うとの事。正常な人より緑内障になりやすい形状だが、眼圧が正常なのと、あと、視野狭窄の自覚症状が無いため、緑内障を発症している可能性は低い、という結果でした。
今後の予定は、もう一度来院して、自覚症状が無いレベルの緑内障でも発見できる検査を受けます。
緑内障でなければ治療も無し。

異状とされている、視神経乳頭の形状は「顔の形と同じで、一生変わらない」ため、毎年の健康診断では必ず指摘されるそうです。なので毎年一回くらい眼科で検査を受けるのがいいのでしょうね。
万が一、緑内障発症で視野が減ったら、もうそこは治らないはず。即処置で視野が減るのを少しでも食い止めないと。
家に帰って実家の母に、とりあえず一次報告。メール返信で祖母(母の母)は緑内障だったとの事。
あれ、そうだったのか…覚えていないものなんですね。

ところで京都府立医大病院眼科のHP記事「緑内障(遺伝性)とストレスの関係について」によると、
・親族に緑内障の人がいる人は、いない人よりも緑内障発症率が高い
・緑内障遺伝子は存在する
・遺伝を別にしても日本では40歳以上の100人に3人が緑内障を発症している
という話なので、安心はできません。

9月の追加検査後に、続きます。
nice!(0)  コメント(0) 

定期健康診断2017 [健康]

今年も健康診断の案内が来ましたが、心配なのはバリウム検査。
開胸手術を受けてからほぼ半年経ちましたが、まだ背伸びすらできないので、検査台の上で転がったり、ぶら下がったり出来そうにありません。嫌ですが追加料金で胃カメラを申し込みました。

そして迎えた健康診断。
胸の手術跡については、「手術されました?」「はい、弁膜症で、弁形成で治りました」というと、「それは良かったですね」といったやり取りをしました。

驚いたのは体重。入院前70kg、退院直後64kg、現在60kgです。
身長174cmに対して痩せすぎです。筋肉が落ちていっているのですね…上半身を鍛えることはまだ無理ですが、早く山登り再開して足だけでも鍛え直したいです。

そしてまた視力が落ちました。もう0.3と0.4くらいしかありません。これは心臓の手術とは関係なく、仕事柄ですね。ついに眼鏡を作る時がきたようです。

最後に胃カメラ。この病院、鼻から入れるのを推奨しており、何年か前に一度受けたことがあります。
苦しかったので二度とやりたくなかったのですが。
前回の事を忘れており、右の鼻から通してもらおうとして失敗。左の鼻の方は何とか通り、検査開始。
カメラが喉を通る時、瞬間的にめちゃくちゃ苦しいのですが、すぐ収まりました。
この、すぐ苦しみが収まるのが鼻から胃カメラのいいところらしいです。
結果は、きれいな胃で異常無しという事でした。

心臓病を手術で治したからと言って、他の病気にかからなくなる訳ではありません。
全ての結果が出るのは数週間後ですが、ひとまず去年のような、即座に要精密検査と言われるような事は無く、安心しました。

お見舞い・天下茶屋ふたたび [健康]

天気が良くなった日曜。これは歩かなくては。

という訳で、先日親族が入院した病院まで歩いて行きました。7〜8キロくらいでしょうか。
見慣れない町並みを縫ってふたりで歩くのは楽しいです。

病室にて。歩いて来たと言うと、「元気やなあ」との事。
いえいえ、元気だから歩くのではなく、ふたりとも心臓病持ちだからなるべく歩くようにしているのです。だから元気なのです。と言いたいが言わない(言えない)。

2017-04-16T20:07:21.jpg

帰りもルートを変えて歩いて帰りました。
途中でなにか見覚えのある神社に入り、懐かしい天下茶屋付近を歩くことに。
前回ふたりでここを歩いたのは、2011年11月13日の出来事です。転職が決まり、結婚までまっしぐらというタイミングでした。懐かしい…

5年半経って、夫婦としてここを歩くのは何とも感慨深いです。
あの頃の事を色々話しながら、今度は同じ家に向かって帰りました。

入浴はいい [健康]

心臓病の手術で入院したのが2016年12月6日でしたから、もう4ヶ月経ちました。

あれ以来、熟睡できないと言っていましたが、昨晩は良く眠れました。
いつもシャワーなのですが、昨晩は珍しく湯船に浸かってみたのです。
入浴すると血行が良くなるというのは常識ですが、こんなに違うとは。
普段は血行が良くないから睡眠にも差支えがあるのかと思うと、
改めて自分の心臓、故障箇所を治してもらったとはいえ機能は落ちているのだなと思いました。

珍しく10時過ぎまでぐっすり寝た日曜。
ふたりで同じ美容室に、髪を切ってもらいに行きました。
店長が「ふたりで来てくれるようになってから、楽しくなった」と言ってくれたのが印象的でした。

親族の入院 [健康]

今日はふたりで病院に行きました。
と言っても私もさーちゃんも検査はありません。親族のお見舞いです。

先週、具合が悪いと言って緊急入院になり、とりあえず4週間の予定だとか。
3月に夕食に呼んでもらった時には元気そうだったのですが…

私の入院は3週間で済んだのですが、話を聞いているとやっぱり入院時の健康状態が大きく左右するようです。
私は入院時、自覚症状がほとんど出ていない程度。
この親族は、すでに体があちこち悪く、数年前にも入院していました。
周囲から言われているのは、それにも関わらず、不摂生な生活をしていたという事。
自身にも責任があると言われていますが、一人暮らしで自分の面倒を見られるのは自分だけ、ペットも少し前に死んでしまったというあたり、何とも言いがたいものを感じます。

とにかく今は、早く退院して、自分の家に戻ってほしいですね。
どんな居心地のいい病院でも、家にはかないませんので。

サイゼリヤは塩分表示あり [健康]

僧帽弁閉鎖不全症で入院して以来、1日の塩分摂取量を6g程度にするよう言われています。
妻さーちゃんも心臓疾患持ちなので、同様です。
外食となると多少不便な思いをする我々ですが、今日はよくあるサイゼリヤで昼食にしました。

170305_1258~01.jpg

サイゼリヤはメニューに塩分表示があるので、前から目をつけていたのです。
・シェフサラダ 塩分0.8g
・ほうれん草のグラタン 塩分1.7g
・リブステーキ 塩分1.0g

塩分は合計3.5g(ステーキにソースをかけない前提)、
これを2人でシェアすれば1人2g以下に抑えられます。

ちなみに厚生労働相によると日本人の塩分摂取の目標値は、
1日に男性8g、女性7gと引き下げられたようです(2015年4月1日)
が、世界的には1日5g以下が望ましい(WHOによる値との事)
ので、厚生労働相としては今後、目標値を下げたいそうです。

参考:厚生労働相HP内、
「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」 報告書
「ミネラル(多量ミネラル)」より

そのような動きもあるし、より多くのお店で塩分表示を採用してほしいですね。

たい焼き食べて歩く歩く歩く [健康]

170204_1346~01.jpg

さーちゃんの職場の近くの喫茶店にふたりで顔を出すと、常連の方からたい焼きの差し入れが。
さーちゃんは食前の、私は食後のデザートとしてありがたくいただきました。
昔ながらのご近所付き合い、いい感じです。

ところが、お腹がいっぱいになりすぎて家に帰りたくなってしまいました。
しかしここで帰ってはいけません。夫婦揃って心臓病持ちの身、運動しないと。

という訳で大阪城公園まで歩き、電車で帰りました。3時間くらい歩いて、家でシャワーを浴びると気分爽快。帰りにスーパーで買った夕食がものすごく美味しかったです。
やっぱり運動が一番の薬ですね。