So-net無料ブログ作成
検索選択
Hulu(日本) ブログトップ

「未確認モンスターを追え!」(2007年) [Hulu(日本)]

HuluでUMA番組を配信し始めたので全部見ました。

筆者は特にUMAの実在を信じてはいません。
むしろ、「UMAの◯◯だと言われていたのは、実は●●だった」と、UMAの実態が解明されるのを期待しています。
全12エピソードですが、内容はというと、

1 チャンプ(シャンプレーン湖のネッシー)
2 サスクワッチ(ビッグフット)
3 巨大イカ
4 サンダーバード
5 スカイフィッシュ(ロッド)
6 黒いピューマ
7 巨大魚
8 スカンクエイプ
9 アルマス
10 黒い巨大な犬
11 オランペンデク
12 狼男

と、そうそうたるタイトルですが、3番目は「ダイオウイカ」です。
この番組の中では発見できませんでしたが、番組の6年後にあたる2013年に初めて生きている姿が撮影され、存在が認められました。

後の11種類のUMAは、勿論発見されていません(発見されたら、報道されて、ダイオウイカみたいに誰でも知っているようになっているはずです)。普通の動物の見間違いではないか、という結論だったものが多かったのですが、しかし面白かったのは「アルマス」…ロシアの猿人です。

1850年頃、ロシアで「メスの猿人が捕獲」され、「ザナ」と名付けられました。最初は檻に閉じ込められていましたが、何年か経つうちに人に慣れ、人間の男性と結婚、子供を何人も産んだという話です。そして同時に紹介されたのは、世界で50人くらいしかいないと言われる「多毛症」(Hypertrichosis、Werewolf syndromeとも)の男性、ラリー・ゴメスさん。顔まで毛に覆われていて、また、通常の成人男性より高い筋力を持っているという話です。なおDNA的には100%人間と同じとの事で、息子さんは多毛症ではありません。

もしかすると「猿人」と言われていたロシアのザナさんは、多毛症のため親に捨てられ、森でたったひとりで生活をしていた、人間の女性だったのではないでしょうか。
しかし番組ではこれを否定するかのような流れでした。
尚、この番組が出来た後にも、複数の研究者がザナさんの子孫のDNAテストを行いましたが、結果には諸説があるようです。

↓ラリー・ゴメスさん


貝社員 [Hulu(日本)]

金曜。
3連休突入寸前。
しかし仕事はしなければなりません。

こういう時はあれを思い出します。



Huluで「朝だよ!貝社員」が配信されてるから最近見てるのですが、好きです、貝社員シリーズ。

※筆者の職場にはベトナムカレーの匂いがする人や、
 上司に向かってベトナムカレーの匂いがするとか言う人はいません。念のため。

デトロイト・メタル・シティ(2008年、日本) [Hulu(日本)]

Huluでけっこう前から配信されている「デトロイト・メタル・シティ」の実写映画版を初めて観た。

原作の漫画は、何年も前に最初の2〜3巻を読んでいて、かなり面白かったのだが、さすがにアレを実写にするとイマイチだろうなあ…と勝手に思っていた。

しかし!



何ともよく出来ている…
最初は、さーちゃんが登山でいない時に一人で観た。
そしてさーちゃんが帰ってきてからふたりで観た。

劇場公開から8年も遅れて大ハマリしてしまい、昨日などは劇中歌「SATSUGAI」を口ずさみながら、AmazonでCDを購入してしまった。

魔界遊戯~for the movie~(初回限定盤)(DVD付)

魔界遊戯~for the movie~(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: 石田ショーキチ,Kiminori Wakasugi,Gary Newby
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2008/08/20
  • メディア: CD


8年も前の商品なので、中古品を本体1円+送料350円で買えた。

余談だが、本物のデスメタルのCDと思って買った人が真面目に「こんなのデスメタルじゃねえ!」というようなコメントを書いているのが痛々しかった。
ギャグ漫画の映画版のサントラです。

バンド・オブ・ブラザーズ(2001年、米国) [Hulu(日本)]

2016年シルバーウィークの、かなり中途半端感のある金曜の出勤日。
休みを取る人も多かったが、普通に出勤。そして普通に退勤。

さーちゃんが登山でいないので、また外食でもしようかと思ったが、結局コンビニでパスタとパンを買って家に帰った。
食事、シャワーを経て、後はHuluをダラダラかけながら時間を過ごした。

Huluは何でも最後まで見ると、自動的に次の作品が再生されるのだが、「バンド・オブ・ブラザーズ」が始まった。これは確か、全10話の凄惨な第二次世界大戦もののドラマだ。
他のに変えようか。そう思ったが第1話にデヴィッド・シュワイマーが出てきたので見ることにした。いわゆる『フレンズ』の「ロス」である。


↑フレンズのロス 

「バンド・オブ・ブラザーズ」では新兵を訓練する鬼教官の役だが、これは似合わない…少なくとも「フレンズのロス」のイメージを持っている人にとっては。
そう思っていると次第に、態度は大きいがどうやら小心者で、緊張すると地図も読めなくなる事が判明。これは何だかロスっぽくていい感じだ。


↑道に迷った上に部下に騙される

第一話は訓練がメインでわりと肩の力を抜いて見ることができたが、続きは見なかった。
おそらく第二話以降は凄惨な戦闘シーンの繰り返しだろうから。

3連休の最後とジャッキー・コーガン [Hulu(日本)]

3連休、最後の一日。
台風接近でうかつに遠くまで行けないので、家の近く及び家の中で過ごしました。

ふたりで近所の喫茶店でお昼を食べて、歩いて近辺で買い物。
夕食の材料など買って帰りました。

夜、Huluで『ジャッキー・コーガン』という映画を見ようとしました。
(原題:Killing Them Softly、2012年、ブラッド・ピット主演)
これ、数ヶ月前から会社の同僚たちに「ぜひ見て感想を教えて下さい。つまらないので」と言われているのですが、彼らいわく、とっ…てもつまらないそうです。「今まで観た映画の中で最低」「全く意味がわからない。いや、意味なんかない」「100点中0点」と散々ないわれようでした。

その『ジャッキー・コーガン』を、いよいよ再生しました。

(…何だ?このテンポの悪いオープニングは?)

約2分経過。

(地味だ…動きもほとんどないし、会話の内容にぜんぜん引き込まれない…)

約5分経過。

妻「他の見ない?」
私「うん、そうしよう」

こうして、我々の『ジャッキー・コーガン』観賞は終わりました。
もう二度と再生しないでしょう。 

こうして3連休の最後の一日は、平和に過ぎていったのでした。
Hulu(日本) ブログトップ