So-net無料ブログ作成
検索選択

思い出のバストバンド [入院・弁形成手術]

GWの予定のひとつ、断捨離をしていると、私のより小さなバストバンドが出てきました。
並べてみるとサイズの違いが一目瞭然です。

2017-05-02T22:43:58.jpg

入院中は全ての持ち物に氏名を明記する、というルール通り、さーちゃんの名前が書いてあります。
最初にさーちゃんが心臓手術を受けた後、しばらくこれを巻いていたのです。
もう巻かなくなって久しいのですが、まだ持っていたのですね。
手に取ると、さーちゃんの入院中のことと、自分の入院中のことが記憶に蘇ってきて、涙が出てきました。

少しの間、自分でお腹に巻いてみて(サイズが小さく胸に巻けなかったため)思い出にひたりました。
断捨離とはいえ、これは捨てられませんでした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

石井スポーツ [家族・友人]

GW最初の月曜。
筆者の会社は休みですが、さーちゃんの会社は普通に営業中。
ひとりで暇になりそうでしたが、幸いエリンギが梅田の石井スポーツに行きたいというので午後、ふたりで買い物へ。ついでにヘッドランプを借りたいと言うので、私のを貸しました。

エリンギはGW明けにフランス〜スペイン〜ポルトガルの巡礼の道を歩くので、この日は靴のインソール(中敷き)含む装備品を最終購入(今までも何度か買いに来ていた)

道々、実家の様子を色々聞けてありがたい。
本来、長男である自分がもっと色々世話をしなければならないはずなのですが、任せてしまっています。

巡礼の道を歩く旅2ヶ月に及ぶ長い工程。
きっと完歩できるとは思っていますが、事故の無いよう祈りましょう。

退院4ヶ月後の検診 [入院・弁形成手術]

弁形成手術を受け、順調に回復して退院し、はや4ヶ月。
入院していた病院での2回目の検診に行ってきました。

前回、退院1ヶ月後の検診では採血、レントゲンと心電図検査の3点セットだったのですが、今回は心電図が無くて採血とレントゲンのみでした。検査項目が減っていて意外。
先日、近所の病院でホルター心電図検査を受けた事は、こちらの病院に伝えていないのですが。

採血検査が始まると、「コォォォー」という音が腕のほうから聞こえてきました。
気持ち悪いから目はそらしているのですが、血を採る容器の内側に、自分の血が跳ね返っている模様。

「あれ、音が…」と私が言うと看護師さんが、
「すごく勢い良く出ていますよ」と笑顔でコメント。

「いい事なんですよね」と念のため聞いてみると、
「ええ、採るほうとしては有り難いです。高齢の方などだと採りにくい事もあるので」との事。

嬉しくなったので、入院中は採血の時に音は出なかった、きっと心臓の働きが良くなったに違いない、というような話を一方的にして、良い気分で採血終了。
後でよく考えたら、血をサラサラにする薬を飲み続けているから、というだけの理由かも。

2017-04-26T18:03:43.jpg
(現在、まだ6種類の薬を服用中)

レントゲンはいつもの通り一瞬で終わって、まずは外科の診察へ。

「傷もきれいにふさがってきていますね。体重は今何キロですか」
「最近は計っていません」

すると外科の先生の顔が険しくなり、

「体重は定期的に計った方が良いです。例えば急に体重が増えてきた場合、心臓の働きが悪くなって体の中の水分が増えていることが考えられます。現在、問題はありませんが今後によっては、最悪の場合再度の手術が必要になることもありますよ」

との事。「再度の手術」と聞いてゾクッとしました。
カロリーの摂り過ぎも避けるように言われているので、体重は計っておかないと。
自宅療養の間は、2日に一回はジムに行って計っていたのですが。

午後の内科の診察までに時間があったので、少し歩いたところにある家電店で、展示サンプルの体重計に乗ってみました。64kgくらいで、退院時と変わっていませんでした。手術前は70kgオーバーだったので、これが向こう1、2年で70kgに戻るような事があれば要注意ですね。「最悪、再手術」と自分に言い聞かせました。

午後の内科の診察も良好。この時は再手術の話は無かったのですが、その代わり「健康診断は別に必ず受けて下さいね。40歳にもなると他の病気も出てくるので。癌とか」との事。
癌、お医者さんとしては当たり前のように存在するものですものね。
心臓病で手術を受けたからと言って、他の病気にならないわけもなく。

次回はまた3ヶ月後、今度は退院から半年経過(正確には7ヶ月)となるので、もっと手の込んだ検査があるそうです。
その前に健康診断受けないと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

3人で歩く歩く歩く [家族・友人]

日曜。

昼前にエリンギが訪ねてきて、遠征用のリュックなど貸す。
三人で家を出て、親族の入院している病院へ。
道すがら、実家の様子を色々聞く。

2017-04-23T21:43:02.jpg

お見舞いの前に、遅めのランチ休憩。
さーちゃんいわく、パンケーキは食事である。

復路も歩き。
池のある公園で、大きなカメラを設置して待っていた方に、さーちゃんが何を撮ろうとしているのか質問。アオサギが子育てをしているとの事で、レンズを覗かせてもらうとアオサギが巣にいるところがはっきり映っているではないか。
生まれたばかりのヒナがたまに顔を出す、そこを撮りたいとの事。丁重にお礼を述べて帰る。うまく撮れますように。

* * *

家に着いて少し休み、また3人で外出。また歩く。
夕食の候補は色々あったが、結局ドリア専門店の前で香りにやられてその場で決定。
クリームソース、トマトソース(オムライス風)、カレーソースの3種のドリアを3人で分けつつ食べる。
実家にいた頃はこういう事はしなかったのだが、結婚して実家を出てから、より家族らしいことができるようになった。不思議だが嬉しく思う。

エリンギを駅で見送る前に、551の豚マンを実家へのお土産に持って行ってもらう。
前回、結婚前にさーちゃんから、4人家族の実家に4個入りを買ってもらった。すると、なぜか父が即座に2個食べ、妹が即座に2個食べ、母と私はひとつも食べられずに終わった。今回は再発防止のために6個入りにした。これならいくらなんでも大丈夫だろう。

エリンギは来月から、長い遠征に出かける。
その前にもう一度くらい会っておきたいものだ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

2回目ホルター心電図検査の結果 [入院・弁形成手術]

僧帽弁閉鎖不全症の手術を受け、退院してから約4ヶ月、何事も無く過ぎてきました。
しかし油断はできません。先月は体調がいまいちだったので、近所の医院(ここで夫婦揃って循環器の専門病院に紹介してもらい、手術を受けた)でホルター心電図検査を受けることにしました。

土曜の朝。昨日結果が出ているはずなので、さっそく夫婦で聞きに行きました。
結果はというと…

「全く何の問題もありません」

との事。良かったです♪
では先月体調が悪かったのは何だったのかというと、この心電図検査では当然わかりません。
思い当たるのは、入院前と同じくらい残業するようになった事、同時にストレスも増えた事、あまり良く寝ていなかった事、運動不足、などでしょうか、そりゃ体調悪くなりますね。そして今何とも無いのは、早くも慣れてしまったとか…ま、慣れずに体を壊すよりはいいんですけどね。

夜はふたりで『美女と野獣』を観にいきました。入院以来、初めての映画館でした。
感想はまたそのうち。



懐しい入院用パジャマ [ふたり暮らし]

2017-04-19T22:33:59.jpg

いよいよ暖かくなってきたので、寝間着をスウェット上下から、オーソドックスなパジャマ上下に替えました。このパジャマ、実は入院する時に買ったもので、裏に氏名をマジックで書いています。
(手術を受ける入院患者は、所持品全てに名前を書くのがルールだったため)

さーちゃんが、入院は着心地の良いものを選ぶべきという事で、オーガニックコットンの良いものを買ったのですが、確かに着心地は良いです。しかし、これを着ている事によりお互い、入院生活を思い出すのでは。

まず自分で着て、鏡の前に立ってみました。すると不思議な事に、入院生活が脳裏に蘇ってきました。そして、今はほぼピンピンしていて家にいる事がものすごく嬉しく感じられてきました。

自分はそれでいいのですが、肝心のさーちゃんは…

「スウェットと違って、家でくつろいでいて何処にも行かない感じがするからすごくいい」との事。

私が入院中、毎日家と病院の往復だった日々を思い出して嫌にならないかと思っていましたが、そういう事なら良かったです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

お見舞い・天下茶屋ふたたび [健康]

天気が良くなった日曜。これは歩かなくては。

という訳で、先日親族が入院した病院まで歩いて行きました。7〜8キロくらいでしょうか。
見慣れない町並みを縫ってふたりで歩くのは楽しいです。

病室にて。歩いて来たと言うと、「元気やなあ」との事。
いえいえ、元気だから歩くのではなく、ふたりとも心臓病持ちだからなるべく歩くようにしているのです。だから元気なのです。と言いたいが言わない(言えない)。

2017-04-16T20:07:21.jpg

帰りもルートを変えて歩いて帰りました。
途中でなにか見覚えのある神社に入り、懐かしい天下茶屋付近を歩くことに。
前回ふたりでここを歩いたのは、2011年11月13日の出来事です。転職が決まり、結婚までまっしぐらというタイミングでした。懐かしい…

5年半経って、夫婦としてここを歩くのは何とも感慨深いです。
あの頃の事を色々話しながら、今度は同じ家に向かって帰りました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ペアセット@よく行く喫茶店 [日記・雑感]

2017-04-15T21:10:08.jpg

よく行く近所の喫茶店にて。
土曜はここでふたりでランチをいただくのが習慣になっているのですが、この日は何と、我々向けに量がカスタマイズされたスタミナ丼。さーちゃんは割と少食なので、これで丁度良いくらいでした。

いつも色々としてもらっているので、この日はイースターエッグチョコを一袋寄付して帰りました。
3時頃になるといつも常連客がやってくるので、みんなで食べてくれるでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

再び、ホルター心電図返却 [入院・弁形成手術]

火曜の朝に装着したホルター心電図を返しに、再び近所の医院まで。
9:30の予約でしたが、9時の開院時間に到着してしまいました。
しばらく待つかなと思ったのですが、すぐ取り外しされ、自由の身に。

このホルター心電図、予約が毎日びっしり埋まっているようで、毎日10時には次の人が装着しにくるらしいです。ちなみにデータはSDカードのようなものに記録されていて、それだけ検査機関に送るみたいですね。

ホルター心電図を外してもらった後は、我々夫婦の恩人のA先生に診察を受けました。
付けている間、特に何も異状はなかった旨を報告。去年付けた時もそうでした。
思えば去年、心臓病が判明する前の段階では、ホルター心電図を付けている間に何か症状があれば大きな手がかりになったので、私としては少し残念な感じでした。
今回、手術を終えた後の検査では、何も無くて良かったです。
このまま何も症状が無い状態がずっと続いてくれれば良いのですが。

検査結果は約1週間後。
またさーちゃんとふたりで聞きに来ましょう。

再び、ホルター心電図検査(24時間) [入院・弁形成手術]

心臓手術から三ヶ月程経った頃、少し体調が悪いと思う時があり、近所の医院で再び、ホルター心電図検査を予約しました。
一ヶ月弱の待ち期間を経て、本日装着。

実は予約を入れて以降、体調は良くなる一方で、もう必要ないかもと思っていたのですが、前回「心不全を起こしやすい状態になっている可能性はあります」と言われたので、やっぱりやります。私の場合、リアルに命がかかっていますので。

2017-04-15T21:10:08.jpg

体にテープで固定してもらい、午後から出勤。本当は休みたかったのですが、家で休んでいるよりも、いつも通りに仕事をしている方が検査としては良いだろうと思いました。
それにしても小さいですね。さすがに付けていると違和感はありますが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康